YOGA / 習慣トレーニング

秋トレ ☆ 後半カリキュラム | 身体・メンタル・知識 の満足が叶うヨガクラス

nystyleyoga_training_curriculum_2017

 

こんにちは、都内でyogaのインストラクターをしているミカ( @mikamikayoga )です!

本日は、「 N.Y. Style 秋トレ 」後半のカリキュラムについてです。

秋トレ後半では、みなさんのスタジオへ生徒さんに継続してきていただくための、ノウハウやコツを習得していただきますが、そのとなるのは「 ヨガの知識 」です。 

 

Curriculm 2nd 00

 


 

「 継続 」していただくにはフィジカルとロジカルの満足

 

 理解しないと説明できない

 

Curriculm 2nd 01

 

重要な気づき

 

ヨガで痩せるは言ってはいけない 」のページで、トレーニング生のKさんは、とても重要なことに気づいています。

これまでに、「 ヨガはダイエットではありませんよ 」を、生徒さんにうまく説明することができなかったKさん。

その原因は、「 ヨガとはなにか 」を論理的に説明することができていないからだと気づいています。

Curriculm 2nd 02Curriculm 2nd 03

 

前半カリキュラム後半カリキュラム

 

  • トレーニング前半:シークエンステクニック
    フィジカル面で満足していただけるヨガクラス
     
  • トレーニング後半:クラスで役に立つヨガの知識
    探究心を刺激するヨガクラス 

ヨガのポーズだけを教える「 イントラ 」と、ヨガの教えやマインドも伝えることのできる「 ヨガの先生 」の違いはここにあります。

 

 「 イントラ 」から「 ヨガの先生 」へ

 

トレーニング生からは、ラインやトレーニング期間中に、
スタジオ運営状況についていくつか相談をいただきました。

大きくは、「 生徒さんの反応が気になる 」というような内容のお悩みでした。 

 

Curriculm 2nd 04

 

難しい部分ですが、生徒さんからの反応を極端に気にしすぎるとよいクラスができなくなります。

生徒さんにはクラスを選ぶ権利があり、合わなければ違うクラスを受講できます。イントラのわたしたちは、自分の知識・スキルのできる範囲で精一杯のクラスを行うことに集中します。

できるだけ、クラスの質が上がるよう、ヨガのスキル知識をつけていくことを続けてください。

 

ニューヨークスタイルトレーニング 後半のカリキュラム

 

  • DAY4:ヨガ哲学
    八支則を説明しよう 
  • DAY5:脳とヨガ
    なぜヨガがココロとカラダに良いのか、脳科学の視点からレクチャーします。
  • DAY6:対象者別ポーズ
    メンズヨガ・リラックスヨガ など

 

このように「 ニューヨークスタイルトレーニング 」では、
シークエンステクニックだけでなく、クラスで役立つヨガの知識も身につけていただきます。

さまざまな角度からヨガを学ぶことで、皆さんは、自分のクラスに自信を持ってレッスンができるようになるはずです。

みんさんのヨガへの想いに引き寄せられて、生徒さんが集まってくる。
そんなスタジオにしましょう。

  

ヨガが好き、もっと知りたい、もっと伝えたい
この気持ちが大事です。

NAMASTE!!


トレーニングカリキュラム詳細
   CURRICULUM 

N.Y. Style 動画を習慣に 🙂 
   VIDEO

About N.Y. Style 詳細 

 
 TRAINING

 


| N.Y. Style TRAINING CURRICULUM |
ヨガのお話もできるようになる!

 

 

 

 

N.Y. Style トレーニングお問い合わせ
▶︎  CONTACT

Wp burner video       

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。