その他

震災に遭われたかたへのお見舞い|思いやるココロ、つねに胸に

思いやり瞑想法

 

2018年6月18日、大阪で大きな地震がありました。
被害に遭われたかたへ、お見舞いの気持ちをお伝え申し上げます。

 

– – – – – – – – –

 

2018年6月18日の「 大阪地震 」の発生した日の朝も、
わたしは普段通り「 朝ヨガ 」のYoutubeライブ配信を行っいました。

 

その翌日、19日の朝も「 朝ヨガライブ 」を行いました。

 

0619

 

( 2018年6月19日| Youtube 朝ヨガライブ動画  最後のお話の内容が今回の「 ヨガの教科書 」の内容。少し難しいです。 )

 


 

MY YOGA & INTERNET 

 

みんなとつながっているネット

 

どこかで誰かが災害で困っているとき

 

わたしは、ヨガを伝えるために、「 インターネット」を使っています。

 

ヨガに関するブログ、Youtubeチャンネルからのヨガ動画、などいろいろな発信方法があります。

 

ユーチューブは、2015年ごろからスタートしましたが、
これまで、日本のどこかで災害がおきたときなどは、
動画チャンネルからの「 発信 」を控えていました。

 

そのとき、自分がなにかできる・できないに関わらず、

 

災害で大変な思いをしている人がいる時、
ヨガの動画を配信する気持ちではなかったのです。

 

意識的にそうしていたというよりも、無意識的なことでした。

 

「 朝ヨガライブ 」はリアルタイム

 

ですが、「 朝ヨガライブ 」の配信により、少し状況が変わりました。

 

ユーチューブでの「 朝ヨガライブ 」は、
月・火・木の朝、定期的に行っています。

 

大阪で地震が発生した日の朝も、
わたしは、ネット ( YOUTUBE ) で「 朝ヨガライブ 」の配信を行っていました。

 

– – – – – – – –

 

正確には、その日の朝ヨガは、大阪での地震発生、朝8時 ( 7時58分 )  より前に終わっていたのですが、

 

ユーチューブライブの仕組み的に、

 

わたしと同時タイムにヨガを始めたかた以外は、そのかたが、大阪・京都・奈良・滋賀、近畿方面にお住いの場合
動画の途中で大きな揺れを経験し、一瞬でヨガどころではなくなったことと思います。

 

震災の経験

 

2011年「 東日本大震災 」のとき、
わたしが経験したのは東京での震度5弱の揺れでした。

 

古いマンションの10数階にいたため、
揺れは大きく、こわくて、気持ちはパニックになりました。

 

今回の大阪地震の揺れ ( 震度6弱 ) で、関西地方のみなさんが経験した揺れは
もっと大きく、生きた心地なんてとても感じられない「 恐怖 」だったと思います。

 

またその恐怖の気持ちはしばらく続くだろうと思います。。

 

わたしは、「 東日本大震災 」を東京で経験してから、
小さな揺れでも、以前よりも怖く感じるようになりました。

 


 

メディアの矛盾

 

「 感情 」のピーク

 

一方で、「 メディアで報道されるニュース 」だけを問題視することに対して矛盾を感じることがあります。

 

これは、行動経済学を研究する デューク大学のダン・アリエル教授 による「 行動と感情 」に関する研究で行われたリサーチで、

 

わたしたちの感情にはピークがあり、
もっとも高ぶっている時の印象で出来事を記憶する

 

というのです。

 

メディアによるニュースというのは、この「 感情のピーク 」を利用しているのです。

 

アメリカハリケーンと感染病による被害の事例

 

日本の「 地震 」のように、アメリカでは「 ハリケーン 」による被害がとても深刻です。

 

カトリーナ ( 2005年 ) やハービー ( 2017年 ) など、
ハリケーンによる被害は衝撃的で、毎年多く報道されます。

 

一方で、マラリアエイズによる被害者数というのは、何百人・何億人にものぼり、統計的な数字だけをみると、ハリケーンによる被害者数と比べて圧倒的に多い数です。

 

ですが、マラリアやエイズに関する報道はあまりされません。

 

それは、視聴者にとってイメージが沸きにくく、感情のピークが起きないため、ニュースになりにくいのです。

 

– – – – – –

 

ですが、どちらも深刻な「 問題 」です。

 

苦しんでいる人は世界中にたくさんいる

 

その日、「 ニュース 」で報道されることだけが、
この世界で起きている「 問題 」ではありません。

 

– – – – – – – –

 

今朝の朝ヨガの最後、

 

大阪地震の被害に遭われたかたのことを思って「 黙祷 / 瞑想 」をしました。

 

思いやるココロ、つねに胸に

 

ですが本来、「 他者を思いやる瞑想コンパッションメディテーション 」というのは、
ニュースで何か報道をみたときだけするのではなく、
つねに行われるべきです。

 

思いやりの気持ち 」は何か悲しいニュースが報じられたときになって、急に思い出すものではない、ということを、よく覚えておくべきと自分自身に対して感じました

 


 

YOGA sutra1-33 

 

この世界にかかる4つの「 錠 」のおはなし

 

ただ想うだけ 」というのは、あまり役立たないように思われるかもしれませんが、それでも「 想うこと 」は大事です。

 

そんな風に思うようになったきっかけのスートラ ( 1-33 ) をご紹介して終わります。

 

このスートラの解説は、また別の日に。

 

Sutra 1 33

 

 

 

NAMASTE!!

 


| PRAY FOR PEOPLE  |
被災されたかたの生活が
1日でもはやく元どおりになりますように

>

 

78・ANAND

0405 quote