YOGA / 習慣

正しい生活リズムはヨガの一部|睡眠・食事の管理

control_your_life

 

こんにちは、都内でyogaのインストラクターをしているミカ( @mikamikayoga )です!

本日は、「 正しい生活リズム 」をつくることをテーマにお話をします。

( こちらのブログは、2018年4月26日|朝ヨガライブ動画の内容を記事にしたものです ) 

 

0426

 


 

Eight Limbs of Yoga 

 

まずは「 八支則 」の復習です!

 

  1. ヤマ:しないほうがいいこと
  2. ニヤマ:したほうがいいこと
  3. ポーズ
  4. 呼吸
  5. 制感
  6. 集中
  7. 瞑想
  8. 三昧

 

ヨガの大事な教え「 八支則

普段のクラスやヨガの練習の時に、みなさんが行っている「 ポーズ 」「 呼吸 」と比べて、
5の「 制感 」は、聞きなれない言葉で理解がむずかしいと思います。

「 制感 」は感覚制御
少し見方を変えると、日常生活のなかでも 役立たせることができます。

 

感覚のコントロール = 制感

 

さて、普段生活のなかで「 感覚 」をコントロールできなくなる瞬間はありますか?

例えば、

  • お腹が減っているわけではないのに、疲れていてなにかを無性に食べたいとき
     
  • 「 このクッキーをもう1枚食べたい 」「 あと1枚 」 「 あともう1枚… 」といった感じで、食欲を抑えられなくなるようなとき
     
  • タバコを我慢できないとき
     
  • 休日の朝、起きれないとき
     
  • 「 怒り 」の感情を抑えられず、言う必要のない一言を相手に言ってしまったとき

 

シチュエーションは、それぞれ少しずつ違いますが、

アタマで「 それはよくない 」とわかっていても、
別の行動をとってしまうこと、ありますね。

これは、感覚に振り回されている状態と言えます。

 

食事・睡眠を管理する

 

さて、正しく生活しようと考えたときに避けて通れないのが、「 食事 」と「 睡眠 」の2つです。

これらは、わたしたちが毎日おこなう行為で、
毎日おこなうだけに、
忙しさストレスなどによって、そのリズムが崩れてしまうことも、頻繁におきます。

疲れていても、なかなか寝れない日があると、

次の日の作業効率が下がり、
疲れが極限になって、
必要のない甘いものをとってしまったり、
必要なくイライラしてしまたり、

といった悪循環が簡単に引き起こされます。

 

無理なガマンは逆効果

 

わたしたちのが、

疲れた!甘いものが食べたい!
タバコを吸いたい!

というCraving クレイヴィング 欲求を感じてしまったあとに
その欲求を抑えることは、かなり難しく、

無理な我慢は、
脳にとって、逆にストレスになります。
 

このように、欲求が大きくなりすぎないようにするには、
生活をコントロール 」することです。

 

 


 

シンプルに生きる = ヨガ

 

八支則の5番目「 制感

ポーズの練習のなかで、手や足に意識を集中させていくこで、感覚をコントロールすること以外に、

日常生活のなかで「 感覚 」から生じる「 欲求 」に対して、「 振り回されすぎないという意識」をもつことが
マットの外での練習となります。

クレイヴィング 」というわたしたちの内側に潜むデーモン ( 悪魔 ) を、
あまり強力にしないためには、

欲張らずに、シンプルに生きることが、何よりです。 
シンプルに生きるとはどういうことか、わたしなりのティップを下にまとめておきます。

( できていない部分も多いですが )

 

LIVING SIMPLY

 

  • 夜は早めに休む
  • 日中の時間を大事にする
  • 携帯を見る回数を減らす
  • 必要な量を食べる
  • ヨガ

 

 

NAMASTE!!

 


| MORNING YOGA LIVE  |
「 朝ヨガ習慣 」生活をコントロール

 

 

MORNING QUOTE

Quote 0426


     

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。