マインド

この世で唯一不変「 プルシャ = 純粋意識 」への到達こそが至上の幸せ = アーナンダ

パンチャマヤコーシャ_illust

本日は5月に書いた
「 コロコロ変わる雲と不変の空  」の続き
「 たった1つ変わらないもの プルシャ  」について お話をします。

 

 

  「 コロコロ変わる雲と不変のソラ 」の記事の内容

 

  • 幸せ 」人類すべてに共通する欲求
  • どういったときに「 幸せ 」を感じるかはひとそれぞれ
  • 多くのひとは外側の世界に幸せを求めがち
  • 外側の世界は物質的で変化し続ける ( 空の雲のように ) 
  • 変化し続けるものからは Lasting Happiness (  ずっとつづく幸せ )  は得られない 
  • ずっと続く幸せとは、変化しないものを見つけたときにこそ達成される
  • 変化しないもの 」はたった1つしかない

 

Sky yogastory 

 


 

「 変化しないもの 」とは?

 

さて、前回のブログでは、Lasting Happiness へと続く「 たった1つの変化しないもの 」については、少し内容が難しくなるので触れませんでした。

 

今回、ご質問をくださったかたがいたので、続きを書きます。

その前にこちらの2つの記事にも目を通しておいていただくと、今回の内容をより理解しやすいと思います。

  1. 「 世界へのサーブ = 奉仕 」カルマヨガの土台となるヨガの考えかた
  2. ヨガの経典「 バガヴァッドギーター 」からまなぶ感覚をコントロールするすべ  

 


 

記事 ①「 世界へのサーブ = 奉仕 」カルマヨガの土台となるヨガの考えかた

 

ヨガの「 至福 = ANANDA 」とは 「 プルシャ 」への到達。

何をもたずとも幸せ!と感じることのできる境地 

 

記事① のこちらの箇所が 今回のご質問への答えになります。

変化しないものとは「 プルシャ 」

プルシャへの到達が、
永遠に続く幸せ Lasting Happiness なのです。

 

「 プルシャ 」とは なに?

 

そうすると、つぎはこの質問が浮かんでくるでしょう。  

プルシャ 」は
Atmanアートマン 」という言い方もできます。

 

記事 ② ヨガの経典「 バガヴァッドギーター 」からまなぶ感覚をコントロールするすべ

 

ここで思い出していただきたいのが 記事② にある アルジュナのカリオット ( 戦車 )の絵です。

 

Bhagavadgita chariot 00

 

この絵は、わたしたちの感覚を5匹のになぞらえて描かれていることで有名です。

5匹の馬がひく馬車には、ドライバー乗客 の2名がいます。

わたしたちは、通常ドライバー自分自身だと思うのですが、

ほんとうの自分自身というのは、馬車に乗っている「 乗客パッセンジャー 」のほう。

そして、この 乗客|パッセンジャー こそが

プルシャ (  ほんとうの自分 | True Yourself

絵を見ていただくと、プルシャの近くにアートマンの文字もきちんと入れてあります。2つは とても近い概念を意味するのです。

 

「 プルシャ 」とは 意識

 

プルシャ のコピー

 

プルシャは、「 Pure Consciousness純粋意識

と思ってください。

この 純粋意識 ( 他に 宇宙意識など なんでもいいのですが ) を得ることが、

プルシャへの到達です。

 

PANCHA MAYA KOSHA 

 

Text philosophy

 

2018年 ニューヨークスタイルヨガの更新トレーニングでは
パンチャマヤコーシャ 」についても 少しだけ触れました。

パンチャマヤコーシャというのは、

人間を 5つのレイヤー ( )  から成るとして理解する「ヨガの考えかた = ヨガ哲学 」です。

こちらの記事では詳しい説明を省略しますが、

レイヤーのことをコーシャ ( ) といい、

1番内側の鞘が肉体で、アーナンマヤコーシャ ( 食物鞘 )  

(  人間は肉体のみでできているのではない と考えるのがヨガです ) 

内側の鞘から、外側の鞘にかけて、レベルが上がっていきます。(  専門的な言いかたでは、次元 / dimension が違うといいます ) 

レベルが上がる、というのは

感じとるのが難しい、ということです。

平均的な人々が感じられるのは、この肉体程度。

ですが、少し鋭い人 ( 特に社長・経営者のような立場の人 ) の中には、場のエネルギーを感じとることに長けている人がいます。

それは、2つめの枠、プラーナマーヤコーシャ ( 生気鞘 ) を感じとれているのです。

ヨガで感覚を鍛えると、どんどん外側の鞘まで感じられるようになります。

 

PANCHA MAYA KOSHA 

 

さて、今日の話をまとめていきます。

パンチャマヤコーシャの1番外側のレイヤーは「 アーナンダマヤコーシャ歓喜鞘

そうです、アーナンダとは

ANANDA =  至上:プルシャへの到達

5つ目の鞘を操れるようになることなのです。

プルシャとは純粋意識

肉体でもない、マインドでもない、知性でもない。

もっと高次元まで自分を高めたときにようやく

感じることのできるステージと思ってください!

達成は容易ではなさそうですね。

 

質問へのお答え

 

( ご質問 )  たった1つ変わらないものは何ですか?

それは、わたしたち1人1人の奥底にひそむ

プルシャ|純粋意識・アートマン です。

プルシャへの到達は

パンチャマヤコーシャの1番外側の鞘をあやつることと考えれば、

難しいことが分かりますね。 

 

MY BRAIN RESEARCH 

 

アーナンダ、というのは、
右脳 」が優位にはたらいている時の状態 / state で、

自分と周りとの区別がなく

この世のすべてを「 エネルギー 」として捉えています。

シャヴァーサナの時に感じる、
カラダがふわふわとした感覚がそれに近いと認識しています。

 

11月24日 ( 土 )  16時〜18時 ヨガ哲学
2時間ワークショップ

 

哲学ワークショップは、専用のサイトよりご予約いただけます。

 

 

NAMASTE!!

   

CONTACT

Mail black