PHILOSOPHY・ヨガのお話

ネガティブな感情について【 ヨガ哲学・カルマフィロソフィー 】

 

きょうは、感情についてです。

ネガティブな感情をもつことは、よくないと分かってはいながら、

心に浮かんでしまいます。

どうやって自分のなかに浮かぶネガティブな感情を減らすか

それについてのお話をします。

ブログしたのご視聴動画もご覧ください ☆

 


 

ネガティブな感情の正体

 

とあるバーでのたとえ話からです。

 

Bar 918541 1280

 

たとえばなし

仲良し3人組で飲みにいきました。

( Aさん・Bさん・Cさん )

Bさんは、その日、

ワインを飲み過ぎて歩けなくなりました。

しょうがないので

Aさん・Cさん

深夜タクシーで、Bさんを自宅まで送り届けることに。

Aさんがタクシー代を支払い、

Cさんは次の日

会社で大事な会議があったにもかかわらず、です。

けっこう迷惑ですね。

 

Bar

 

1番影響をうけたのは

だれ?

 

Quiz 01

 

さてここで問題です。

この3人のうち、

このワインの影響をもっとも受けたのは、いったい誰なのでしょうか?

 

 

ワインの正体

= ネガティブな感情

 

Bさんが、飲み過ぎたワインの正体

わたしたちの内側に発生する

執着ジェラシー・恐怖心・嫌悪・イライラといったネガティブな感情です。 

 

Feelings

 

ネガティブな感情を飲んだ人が
1番影響を受ける

 

さきほどのクイズの答えは

Bさんです。

AさんCさんと思われたかたもいらっしゃるかもしれませんが、

Aさん・Cさんはちょっと迷惑を受けたくらいです。

次の日も、頭がガンガンし

フラフラ、仕事もできない

というアルコールからの直接の影響を受けるのは

Bさん

ワインを飲んだ本人なのです。

 


 

ネガティブな感情の影響

 

わたしたちのマインドに発生する

ネガティブな感情の影響を1番受けるのは

その感情をマインドで感じた本人

わたしたち自身

ということがわかります。

 

Feelings matome

 

注意深くなることが大事

 

ネガティブな感情

マインドに発生することは悪いことではありません

それが人間のマインドの自然な性質 ( Nature ) です。

でも、そのネガティブな考えが浮かんだとき、

無意識にならず、

それに気づけることが大事です。

 

Awareness

 

次に手放すことが大事

 

ネガティブな感情に気づいたら

次にそれを手放すことが大事で、

それがわたしたちのマインドを浄化するために、必要な過程だからです。

 

Mind cleaning

 


 

内側のつよさが必要

 

ネガティブな感情を手放すためには、

わたしたちの内側のつよさ = 意志・ウィルパワーが必要です。

どのようにしてわたしたちの内側のつよさを高めていくのか、

ヨガ哲学・オンライン講座の動画後半 ( 第5回 – 02 ) でお話をしています。

 

 

内側のチカラを高める方法

 

1. 1日の目標を設定する

 

Willpower 01

 

2. よいコミュニティーからパワーをもらう

 

Willpower 02

 

3. 瞑想・信じるチカラ

 

Willpower 03

 

 


 

まとめ

 

      

  • ネガティブな感情の減らしかた

  • ネガティブな感情 = アルコール
    影響を受けるのは
    飲んだ本人
     
  • 感情に意識的になる
     
  • ネガティブなものは手放す
     
  • 意志の強さが必要

    日々の目標
    よいコミュニティー
    信じるチカラ ( = 瞑想 )

 

ヨガ哲学をまなぶ

 

ヨガ哲学のツボを10時間の動画にまとめています

 

みなさまに
ヨガ哲学が届きますように☆

 

ブログをお読みくださって
ありがとうございます \^ ^/

 

NAMASTE!!