PHILOSOPHY・ヨガのお話

ナマステ【 合掌のもつ意味 】ナマ = たましいへの敬意

合掌の意味

 

ヨギどうしのあいさつで普段なにげなくよく使われる「 ナマステ 」について。

合掌の意味 について学んでみましょう。 

 

Namaste

 

合掌の意味 ①

 

  • 右手:聖なるもの
  • 左手:不浄のもの

 

相反する2つの性質をあわせもつのがわたしたち人間。

この2つを合わせたときに、常に胸の中央を向く親指。

この親指は、自分をあたたかく迎えいれることを示しているのだそう。

 

うけいれること

 

自分に起こることがなんであっても、まず受け入れるというのが、

カルマヨガの考えかたの根底にあります。

 

過去のカルマを消化する方法

  • 現状と向き合う

 

ナマステをするたびに、

自分の内側のポジティブな部分とネガティブな部分に意識を向け、

その両方をいったん受けいれる。

これが、ナマステに込められた1つめの意味です。

 


 

合掌の意味 ②

 

ナマステのナマには、敬意を表す意味、

には、たましいを表す意味があります。

 

NAMASTE.

= わたしは、あなたのなかにあるたましいの存在に敬意をしめします。

  • Namah =  敬意をあらわす
    salute 
     
  • Te = 個々のなかにあるたましい
    the soul which is within each human being

 

あいさつのナマステ

 

挨拶として「 ナマステ 」というときには、

相手の内側にも、自分の内側にも、同じたましいの存在があることを思いだし、

そのどちらも同様に大事である

という気持ちを込め、相手に頭を下げるようにしてみましょう。

  

精神性の練習

 

普段なにげなく行っているナマステというあいさつも

そのような意識をこめて行うだけで、

わたしたちの内側の精神性のレベルを高めるよい手助けとなります。

ぜひ今度、みなさんが「 ナマステ 」をされるときには、

ぜひ、ナマステのもつ意味を思い出してみてください。

 


 

まとめ

 

  • ナマステのもつ意味

  • 自分を受け入れる
    ポジティブとネガティブをあわせもつのが人間 
     
  • 相手のたましいへの敬意
    ナマ =  敬意
    テ =  たましい 

 

 

ブログをお読みくださって
ありがとうございます \^ ^/

 

 

NAMASTE!!