PHILOSOPHY・ヨガのお話

世界への降伏・降参「 スレンダー 」について・ヨガ哲学講座

世界の降伏・降参

 

ほんじつは、ヨガ哲学講座 「 SURENNDER スレンダー 」についてです。

 

世界への降伏・降参

 

「 スレンダー 」とは降伏・降参のこと。

いったいなにに降伏・降参するのかというと、この世界 = The world に対してです。

この世界へ「 降伏・降参する 」とは、いったいどういう意味なのかについて、何回かにわけてお話していきます。

今回は、降参する相手、

この世界 = プラクリティ について、理解していただきたいなとおもいます。

 

Surrender yogaphilosophy

 


 

ヨガ哲学 ( かんがえかた ) 

  

ヨガ哲学 」とは、「 ヨガの考えかた 」です。 

難しく考えず、
ヨガではそういう考えかたをするんだね、 

というくらいの気分で読み進めていただくとよいでしょう。

 

Dualism nondualism

 

上の図は、ヨガ哲学では「 二元論にげんろん 」と「 一元論いちげんろん 」をとる流派がありますが、今回は、パタンジャリのヨガスートラが支持している「 二元論・にげんろん 」のお話であることを表しています。

 

プラクリティ過去の記事

 

 


 

二元論 ( デュアリズム )  

 

プルシャ・プラクリティ

 

二元論というのはこの世を「 プルシャ 」と「 プラクリティ 」に分けて捉えます。

 

  • プルシャ
    :真我・ほんとうの自分・ピュアコンシャスネス
  • プラクリティ
    :自然・自性・この世界すべて

 


Prakriti revolution

 

「 二元論 」では

プルシャのみが唯一1つ存在するもの ( 見るもの ) 、
そのほかのすべては、実在しないプラクリティ (  見られるもの )  と考えますが、

ここが「 ヨガ哲学 」の理解で最初にむずかしいと感じるところです。

唯一1つのプルシャ以外は、すべてプラクリティ

上の図の通り、わたしたちの視覚聴覚嗅覚味覚触覚 ( 五感 )も

真の自分 (  = プルシャ )  とはまったく違う存在のプラクリティです!

 

5つの感覚器官に関する過去の記事

 

 


 

原点回帰としてのヨガ 

 

複雑に展開しきったこの世界を生きるわたしたちにとって、

ヨガや瞑想というのは、「 ほんとうの自分 」を感じ・探す作業なのです。

 

Themeaningofyogaandmeditation

 


 

プラクリティ =  この世界

 

プラクリティ・この世界 の役割

 

Prakriti factory theworld

 

もともと1つのプルシャだったわたしたちが、「 プラクリティ 」に複雑に展開し、また唯一1つのプルシャへ戻ろうとするのであれば、

プラクリティ 」の意味とは何なのでしょうか??

 

実はプラクリティには「 プルシャへ経験を与える 」という大事な役割があります。

 

Prakriti factory

 

図の「 工場 」では、様々な工程をへて、イス ( 生活に役立つ製品 ) が、原料から生成されています。

「 この世界 」に生まれたわたしたち ( 原料 ) は、様々な経験をへて、よりよい人間 ( この世界・人の役に立つ )  へと成長する。

世界とは、そのための舞台なのです。

 


 

ヨガスートラ・2章18節 

 

  • 見られるもの ( = プラクリティ ) が存在する目的は、見るもの (  = プルシャ ) に経験と解放 ( 解脱 )  を与えることである。

 

Yogasutra 2 18

 

ここまでくると、少しヨガスートラ2章18節のメッセージが伝わるでしょうか。

もしそうであれば幸いです。

 

– – – – – –

 

ヨガ哲学講座・アプリ

 

こちらのヨガ哲学講座をよりわかりやすくまとめた動画が、アプリにあります。

今回の記事は

「 SURRENDER ① プルシャ・プラクリティ 」

の動画の補足です。 

 

NAMASTE!!