PHILOSOPHY・ヨガのお話

ヨガの8つの練習段階 = ヨガスートラの八支則

 

きょうは、ヨガの練習段階 についてのお話をします。

 

Steps sutra

 

8つの練習段階

 

ヨガスートラによると、

ヨガというのは、 

8つの練習段階をへてヨガのゴールへ到達するものと教えられています。

それが、
パタンジャリ先生の

ヨガの八支則 」です。

 

階段の数はさまざま

 

ヨガスートラ以外にも、ヨガの経典はたくさんあり、

経典の著者によって「 練習段階 」の分けかたはさまざまです。

ハタヨガプラディピカ

によると4つのステップ

ゲランダサンヒタ

によると7つのステップ

 

Steps pradipika gheranda

 

ヨガのゴール

 

経典の著者によって、

サマディー到達に必要とされる練習段階の

順番には違いがあります。

ですが、どんなヨガの経典でも、

ヨガの目的 = 最終的なゴールは共通しています。

 

Steps goal

 

ヨガのゴール = サマディ

 

練習の最終段階は、

サマディ = 悟り です。

悟り 」というと、少し遠い世界のように聞こえるかもしれませんが、

もっと身近な言葉に置き換えてみましょう。

 

Purpose of yoga

 

サマディに到達するとは、

毎日を快適に生き

幸せな人生を送ることです。

そのためには、

穏やかなマインドと、健康なカラダの両方が必要です。

その2つを築き上げるための、前段階

ポーズだったり、ムドラだったり、呼吸法だったりと、さまざまあり、

その練習すべてを進んでいくこと

プロセス過程 そのものがヨガであると捉えます。

 

ヨガ =  プロセス・過程

 

すべての練習段階がヨガです。

どこか1つの練習段階を極めることがヨガではありません。

特にヤマ ( 社会への規律 ) とニヤマ ( 自分への規律

これらはこの世界で生きていく上で必要なルール( = 道徳 )  ですが、

これらの2つを土台とするものでなければ、ヨガの練習は決して成功しません。

( スワミ・ヴィヴェーカナンダ「 ラージャヨガ 」抜粋 p.31 )

 

Steps process

  


 

まとめ

 

  • 八支則
    =  サマディー到達のための8つの練習段階
  • ヨガの経典によって階段の数はちがう
  • ゴールはすべて
    幸せに生きること
  • ヨガはプロセス

 

アプリ動画で
ヨガ哲学を学べます

 

10分でわかるミニ・ヨガ哲学シリーズをご参考ください。

 

Asteya 01

 

  「 朝ヨガライブ 」
アプリダウンロード方法
 

 

アップストア・グーグルプレイを 「 朝ヨガ 」もしくは「 朝ヨガライブ 」で検索してください

 

アプリ検索 02    

 

 

ブログをお読みくださって
ありがとうございます \^ ^/

 

 

NAMASTE!!