10_SUPTA VIRASANA

10_SUPTA VIRASANA

スプタヴィラーサナ

リクライニングヒーロ / Reclining Hero Pose
横たわった英雄のポーズ

スプタヴィラーサナ
Supta = reclining, lying down  横たわる
Vira  = man hero 戦士
Asana = pose ポーズ

「 リクライニングヒーローポーズ 」は、「ランヨガ 」にも最適な
足の疲れをとるポーズ。

ただし、モモの前側がかたい・足首がかたいなどの人 ( 特に男性 ) にとっては、最初 座っていられないくらい大変です。
→ お尻の下にブロックを置いて座るようにします。

通常は両ヒザを曲げて行いますが、
身体の硬いかたにも行えるよう、片足ずつ行う方法をご紹介します。

 

pic_suptavirasana


STEPS

  1.  正座わり座ですわる
     ・足の開き、足と足の間にお尻を下ろす
     ・足の甲を床にし、つま先を後ろへ向ける
  2.  片方の足 ( 写真 : 左 )を前に伸ばす
  3.  背中のうしろにヒジをつく
    腰がそらないようおなかに力をいれる
  4.  腰・ヒザが大丈夫であれば、肩・背中をマットにおろす
    痛みがあれば、③の状態でキープ
  5.  頭の上でヒジどうしをつかむ
    ( 戻る時 )  両腕を体のわきに戻し、ヒジで床を押すようにして起き上がる
  6.  反対の足を行う

BENEFITS

  1.  モモの前側を伸ばす
  2.  足のつかれをとる
    ランナーのかたはランニングの前後などに。
  3.  腰筋を伸ばす
    腰痛の改善
  4. 足首ヒザのストレッチ
    ヒザ・足首に問題がある時は行わない
  5.  消化機能の助ける
    腹部・骨盤内器官をととのえる
  6.  月経痛の緩和

TIPS

  • わり座ですわれない時は、お尻の下にブロックを置く
  • ヒザや腰に痛みを感じる時は、行わない
    もしくは、痛みを感じないところまで行う
  • NG | 両ヒザが大きく開いてしまう
    → ヒザが腰幅より大きく開かないよう注意

pic_supta_virasana
最初は痛がるかたが多いですが、時間をかけて練習すると、
モモの前側が伸びるようになり、
腰痛の予防全身を回復させるような効果が得られま
す。

ご自身のペースで続けてみましょう。

補足 | モモの前が柔らかいかた

伸ばしているほうのヒザを曲げ、胸へ寄せると、
モモの前側をさらに伸ばすことができます

suptavirasana_advanced_ver

 

 

 

みなさんのシェアや「 いいね 」で もっとヨガが広まる!


| YOUTUBE |

 

PRACTICE At HOME + DOWNLOADS

pic_burner_homeyoga