12_ASHTANGA NAMASKARA

12_ASHTANGA NAMASKARA

アシュタンガ ナマスカーラ

アシュタンガ ナマスカーラ / Eight Limbs Pose
八点のポーズ

Asht = eight  8
Anga  = limb 手・足・四肢
Namaskara = salutation 挨拶・礼拝
Asana = pose ポーズ

 

アシュタンガナマスカーラ 」は、
太陽礼拝 」を構成するポーズで、
プランク ( 腕立て伏せのような形 ) とアップドッグ ( 上を向いた犬のポーズ )の間に出てきます

正式にはチャトランガというポーズを行いますが、最初の数回は、手首への負荷が軽い八点のポーズ 」を行って体を温めます。

太陽礼拝 ( サンサルテーション )
8つのポーズを繰り返す、決まった一連の流れ
動きごとに呼吸のタイミングが決まっている

yogapose_ASHTANGANAMASKARA
Knees- Chest- Chin Pose

「 八点 」とは、
マットについている体の部分を表します。

アゴ ( 1 )・ ( 1 )・両ヒザ2 )・両手 ( 2 )・つま先 ( 2 ) → 


STEPS

  1. プランクになる ( 腕立てふせの状態 )
    カカトから頭のてっぺんまで一直線
  2. 両ヒザをマットに下ろす
  3. – 1 ヒジを曲げ胸をマットに下ろす ( )
     胸を下ろす位置は手と手の間より少し前に
     – 2 お尻は天井へ持ち上げる
     モモとおなかの角度が90度になるくらい
  4.  太陽礼拝のとき
    体を前に滑らせアップドッグポーズになる ( )

BENEFITS

  1. をひらく
  2. 背中を柔らかくする
  3. ビンヤサを行うときに体を温める
    特に最初の数セット、手首を痛めないためウォームアップとして行う
  4. おなかを強くする
    アームバランスポーズや体重負荷のかかる難易度の高いポーズの練習となる
  5. チャトランガの代わりに行う
    =  < 軽減法 >

TIPS

  • わきを締め、ヒジが開かないように注意する
      ヒジはろっ骨をこするくらい身体とスレスレの位置にくる
  • 胸を下ろす位置が重要
      手と手の間より少し前に胸をつくようにする
  • 重力と拮抗し合いながら、胸をマットへ近づける
     × 重力のままにストンと胸を落としてしまうのはNG
     筋肉を育てる

    IN SUN SALUTATION

    8点のポーズは、
    通常「 太陽礼拝 」の流れの中で行います。

    四つんばい

      ↓
    Knees Chest Chin Pose
    ( ヒザ・胸・アゴを床につけるポーズ )
      ↓
    アップドッグ or コブラのポーズ
    ( 背筋の引き締めポーズ ) 

yogapose_ASHTANGANAMASKARAyogapose_upwardfacingdog

もっとくわしく学びたい方は、
SHOPで動画を販売しています。

OM Shanti Peace

PRACTICE At HOME + DOWNLOADS

pic_burner_homeyoga

 

 

 


| YOUTUBE |

 

みなさんのシェアやいいね でもっとヨガが広まる!