1ポーズ解説

18_VIRABHADRASANA 1

YOGAPOSE_WARRIOR1

ヴィラヴァドラーナ1

Warrior1 Pose
戦士のポーズ1


Virabhadra
 = warrior 戦士 英雄

Asana = pose ポーズ


ヨガの代表的な基本ポーズで、
スタジオでのレッスンでもよく行われる「 ヴィラヴァドラーサナ

戦士のポーズ 」は、
力強い下半身を育てるポーズ

おなか背中、全身を使って行うため、
身体中が活性化されます。


yogapose_warrior1


STEPS

  1.  両足をそろえて立つ
  2.  右足をうしろへ引く
     右のつま先は斜め外へ向けカカトを床につける
  3.  腰骨を並行にととのえる
     右の腰を前へ押し出すようにすると並行になりやすい
  4.  両腕を頭の上へ ( )
    手のひらどうしを合わせ合掌
  5.  視線を空へ向ける

BENEFITS

  1.  下半身強化
  2.  胸をひらき、での呼吸を深める
  3.  下半身安定感を育てる
  4.  全身での呼吸により、身体中が活性化する
  5.  バランス集中力を高める
  6.  体力をつける

TIPS

  • 肩がくるしい時
       → 両腕を並行、もしくは肩幅より広めにひらく
  • 首がつらい時は
       → 視線は正面のまま
  • うしろのカカトがつかない時
       → カカトを上げて行う

戦士のポーズシリーズ

SERIES OF WARRIOR POSE
慣れてきたら 1 → 2 → REVERSEで動いてみよう


warrior1
pic_yogapose_warrior

warrior2

reverse warrior

動きの流れを確認できます


ヴィンヤサを組み立てる


戦士のポーズシリーズは、

毎回のクラスでほぼ必ず行うといっても良いくらい重要なポーズ

太陽礼拝の中に「 戦士のポーズ1・2 」を組み合わせることで、
ビンヤサヨガの流れができ、運動量を増やし、効率よくポーズをとることができます。

太陽礼拝 ( サンサルテーション )
8つのポーズを繰り返す、決まった一連の流れ
動きごとに呼吸のタイミングが決まっている

 


ウォーリアは足の位置が重要


戦士のポーズシリーズは、

ダウンドッグ四つんばいからの流れ ( ビンヤサヨガ )で行うことが多く、
その方が正しいアライメントを確認しやすいです。

NG1 | 足の位置が狭すぎる
→ 踏み込めず、ヒザに悪い & 下半身が正しく使われない

NG2 | うしろの足の置く位置が内側すぎる
→ 骨盤をマットと並行にしづらくなってしまう


 


ヨガを1から始めたいかたへ向けて
SHOPで動画を販売しています。

OM Shanti Peace

PRACTICE At HOME + DOWNLOADS

pic_burner_homeyoga

 

 

 


| YOUTUBE |

ポーズを覚えたらこの動画にチャレンジ

 

みなさんのシェアやいいね でもっとヨガが広まる!