1ポーズ解説

21_ ADHO MUKHA SVANASANA

yogapose_downward_facing_dog

ADHO MUKHA SVANASANA

アドムカシュヴァナーサナ
Adho = downward 下方向
Mukha = face 顔
Svana = dog 犬

Asana = pose ポーズ

Downward Facing Dog Pose
下を向いた犬のポーズ

ダウンドッグ下を向いた犬 )のポーズは、全身に効果のある万能ポーズ。

腕・足・お腹・背中、体のあらゆる部分を伸ばしながら、
体幹・肩などを力強く使います。

homeyoga_pose4_downdog_06


「 
太陽礼拝 」を構成する中心のポーズです。
様々な効果があり、クラスの中で出てくる回数も多いため、
正しい
アライメントで行うようにしましょう。

太陽礼拝
8つのポーズを繰り返す、決まった一連の流れ 
動きごとに呼吸のタイミングが決まっている

アライメント
手や足の置く位置・身体の配置 

 


 

Steps

  1.  四つんばいの姿勢
  2.  つま先をマットにつき立てて、お尻を高く持ち上げる
  3.  足を腰幅・手は肩幅より広め
  4.  尾骨から頭頂まで一直線、背中を伸ばす
      必要であればヒザを曲げてOK
  5.  手でマットを押し、尾骨を空へ
      背中を縦に伸ばそうとする意識で行う

( 戻るとき )
ヒザをマットに下ろし、チャイルドポーズでお休みをしてください。
体をゆっくりと起こします。

 




Benefits

  1.  背中を伸ばす
  2.  全身のストレッチ
     ハムストリングス・ふくらはぎ・背骨・肩・腕
  3.  を強化
  4.  体を温め、全身を活性化
  5.  頭痛・不眠・疲労・軽い鬱などの症状を和らげる
     への血液供給・神経システムを穏やかに
  6.  記憶力集中力が高まる


Tips 

  •  肩にギュッと力を入れすぎないように
      耳と肩の間に卵1個分のスペースを作る
  •  肩の方へ体重が乗ると背中が伸びない

homeyoga_pose4_downdog_04

  • カカトが床につく必要はない
     カカトを床につけようとして、足を手の方へ歩かせないように。
  •  手とお尻による背骨の引き伸ばしを意識する
  •  ダウンドッグは易しい逆転ポーズ | 心臓が頭より上 
       ヘッドスタンドなどと比べるとそれほど難易度は高くないですが、
     脳への酸素供給 ( = 神経を落ちつかせる )など、
     逆転ポーズと
    同じ効果を得ることができます。
homeyoga_pose4_downdog_02

ダウンドッグは、犬が全身をストレッチする様子から名付けられました。
みなさんも動物になったようなつもりで、
全身心地よく伸びる感覚を味わいましょう〜。


 

 


| YOUTUBE |

 
 

 

 

もっとくわしく学びたい方は、 SHOPで動画を販売しています。
OM Shanti Peace

PRACTICE At HOME + DOWNLOADS
pic_burner_homeyoga

みなさんのシェアやいいね でもっとヨガが広まる!