ポーズのとりかた

ヨガで後屈を深めるための練習【 プラクティスシリーズ 】

 

きょうは、

後屈を深めるための練習方法 についてです。

 

バックベンド・後屈

 

Rajakapota practice

 

目標のポーズは

ラージャカポターサナ

キングピジョンポーズです。

目標ポーズに向けての

練習の手順をまとめました。

朝ヨガライブアプリからご覧いただける

70分間の練習動画もあります。

 


 

後屈を深める手順

 

  • 肩まわり

  • 下半身

  • 胸まわり

 

ゴムカーサナ・前屈

 

ゴムカーサナの腕で
前屈をし3〜5呼吸行います。 

 

Gomukasana forwardbend

 

下半身
ナマステフロー

 

背中のうしろで
手のひらを合わせた状態で
戦士のポーズ1・プラサリータパドッターナーサナ・三角

 

戦士のポーズ1 

 

Warrior reversenamaste

 

プラサリータパドッターナーサナ 

 

Wideleggedforwardbend reversenamaste

 

三角のポーズ 

 

Trikonasana reversenamaste

 

背中のうしろで
手をつないだ状態で体側伸ばしのポーズを行います。

 

体側のばしのポーズ 

 

Extendedsideangle reversenamaste

 

モモの前

ヒザ立ちと、うつ伏せの状態で、
モモの前がわ ( 大腿四頭筋) を伸ばすハーフベカーサナ ( Half Frog・半分のカエル) のポーズを行います。

 

Halfbekasana kneeling

 

Bekasana

 

胸まわり

ピジョンポーズのバリエーションと、
キャメルのポーズで、
胸をひらきます。

 

Pigeon variation

 

Camelpose

 

 


 

フィニッシングポーズ

 

最後に行うポーズは

みなさんの練習段階に応じて

次のいずれかを選びます。

 

通常のウィールポーズ

 

Wheel

 

ヒザをついて行うウィールポーズ
ラージャカポターサナ

 

Rajakapotasana

 

 

ヒザをついて行うウィールポーズを行う場合は

( 写真は ) の近くで

手の下にブロックを用意して行います。

 

コンディショニング

 

最後は背骨を伸ばす・ねじるポーズを行います。

 

ハンドスタンド
プラクティス・1分間

このとき
背中を伸ばすことが目的なので、

通常のハンドスタンド ( 視線を床 ) とは違って
視線は腕と腕の間にします。 

 

Handstand

 

ジャーヌシルシャーサナ

モモの内側・もしくはふくらはぎをつかみ

背骨のツイストを行います。 

 

Janusirsasana

 

 

アプリの動画 ( プラクティスシリーズ ) で

ぜひこちらのブログの内容

後屈の練習をしてみてください。

 


 

まとめ

 

      

  • 後屈ポーズの練習方法


    下半身

     
  • フィニッシングポーズ

    通常のブリッジ
    もしくはラージャカポターサナ
     

  • 背骨の調整を行います 

 

アプリ動画

プラクティスシリーズ

 

こちらのブログのプラクティスは

アプリの「 プラクティスシリーズ 」に

70分間バックベンドクラスとして

収録されています。

ショップからもご購入いただけます。

朝ヨガライブアプリ

SHOP

 

 

みなさまの

毎日のヨガプラクティスのお役に立てていただけましたら幸いです。 

 

ブログをお読みくださって
ありがとうございます \^ ^/

 

NAMASTE!!