ポーズのとりかた

ピンチャマユラアサナ3つのコツ☆

 

みなさま、こんにちは。大変お久しぶりのブログになってしまいました!

今回は、ピンチャマユラアサナという前腕で立つ人気の逆転ポーズを習得するための3つのコツを解説します。

ブログのしたに1時間20分のワークショップ動画があります。

ぜひご参考ください! 


「 ピンチャマユラアサナ 」
3つのコツ

  1. 肩は手首よりうしろ
    ドルフィンポーズのときの肩の位置
     
  2. 足の柔軟性が重要
    足が柔らかいことで有利となります
     
  3. ジャンプより引き上げ
    上にあげている足を引き上げる力でポーズにはいります
     

 

YouTubeの動画 ( 40分動画 )

 

YouTubeの動画は9/3(金)公開です!

 


 

ピンチャマユラアサナとは

  

ピンチャマユラアサナは、前腕を使って、逆さまで立つポーズです。

逆さまで立つポーズのことを逆転ポーズ (  インバージョン / Inversion Pose ) といいます。

  • サンスクリット語
    :ピンチャマユラアサナ
  • 英語 ①
    :ピーコックポーズ
  • 日本語 ①
    :孔雀のポーズ
  • 英語 ②
    :Forearm Balance
     Forearm Stand
  • 日本語②
    :前腕立ち

 

Pict210516 204244

 

いろいろある逆さまポーズ

一般的に、逆さまポーズは、大地との接する面積小さいほど、難易度高いです。

 

ヨガ 逆転ポーズ

 

練習の順番

大地との接する面積が大きい順 (  = 難易度の低い順 ) に習得をしていくといいです。

 


 

3つのコツ

 

1.ドルフィンポーズ肩の位置

 

ピンチャマユラアサナ ( 前腕立ちのポーズ ) にはいるとき、

ドルフィンポーズという、前腕を床についたダウンドッグのようなポーズからはいるのが、もっとも一般的です。

 前腕立ちポーズ手順

 

肩の位置に注意

 

このドルフィンポーズとき、
肩の位置ヒジの真上にセットしてしまうと、片足をあげにくくなります

最初に、ステップ1で肩の位置をヒジよりうしろにセット

つぎのステップ2で片足を上げるタイミングに、肩をヒジの上へ運びます。

 

ステップ1 肩の位置

 

2.足の柔軟性を利用する

 

ステップ2( 片足をあげている ) を
もう一度ご覧ください。

このとき、したの足( 右足 )  の柔らかさを使って、腰の位置をできる限り高いところ、肩の真上に近い位置まで運んでいます。

これによって、次のステップ3必要なジャンプの力を最小限にすることができます。

逆に足が硬いと、腰を高くあげることができず、ジャンプの力をたくさんつかって、ポーズにはいらなければいけなくなります。

 

ステップ2 足の位置

 

3.ジャンプより引き上げの力

 

最後のステップ3です。

ステップ3では、下にある足を上に運び、腰の位置が肩の上にくるようにします。

このときに、下の足で蹴り上げるのではなく、

上にあげていたあし(左足) を「 さらに上へ引き上げる意識でしたの足を上に持ち上げる 」のがポイントです。

そのために、おなかや腸腰筋の引き上げの力が必要です。

 

ステップ3 腰の位置

 

ちなみに、腰が肩の真上にくるというのは、ハンドスタンドでも同じポイントです。

 


 

まとめ

 

ピンチャマユラアサナ ( 前腕の逆転ポーズ ) を練習するときには、

3つのポイントを覚えておいてください。

  1. 準備のドルフィンポーズでは
    肩の位置をヒジよりうしろにセット
     
  2. つぎに片足を上げるタイミングでは、
    足が柔らかいと腰の位置を高い場所へ運べるため、有利となります。
     
  3. 最後、ポーズにはいるときには、
    ジャンプで蹴り上げるのではなく、下腹部の力をつかって、したの足を上に引きあげます

 

Bali pincha

 

写真はバリ。まだピンチャのポーズが安定してなかったころ。(2017.12)

 


 

ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

したに、1時間20分のワークショップスタイルのクラスをご紹介させていただいております。

 

ピンチャマユラアサナ・徹底攻略動画

 

ピンチャマユラアサナ☆特別WSクラス

 

 

NAMASTE!!