SCIENCE・科学とヨガ

【 迷走神経ワークショップ ④ 】脳の3層構造

 

今回は「 脳の3層構造 」についてお話をします。

4月29日(祝・木) オンラインワークショップ・2時間の内容になりますので、WSの予習にしていただけましたら幸いです。

ご予約はこちら

 


「 迷走神経ワークショップ 」
ポリヴェーガル理論と3つのグナ

  1. 姿勢とホルモンの関係
    ヨガの効果と科学的根拠
     
  2. ポリヴェーガル理論とは 
    多重迷走神経について
    迷走神経の4つの特徴

     
  3. 自立神経について
    交感神経と副交感神経
    あたらしい概念
     
  4.  今回の記事 
    脳の構造

    前頭前野・大脳辺縁系・脳幹
    脳は3層構造
     
  5. 3つのグナ
    サットヴァ・ラジャス・タマス
    3つの質について
    自律神経とマインドのつながり

 


 

脳の構造

 

脳のハンドモデル

 

脳の構造をシンプルに捉えようとしたとき、ダン・シーゲル博士(Dr. Dan Siegel)の考えたハンドモデルが役立ちます。

 

Dr Dan Siegel

 

手でぐー ( 親指 ) を作ったときに、一番外側にくる4本の指が、大脳皮質、内側にはいった親指が大脳辺縁系、そして、手首が脳幹です。 

 

脳の3層構造

 

脳の一番外側にあるのが、考える判断する評価するといった知的活動を行う前頭前野(ぜんとうぜんや)、

脳の真ん中に位置するのが、感情の中枢である大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)、

そして、脳を支える柱のような脳幹(のうかん)が、呼吸心拍睡眠体温調節など、生命維持に関わるはたらきを担っています。

 

Structureofthebrain

 

前頭前野の役割

 Prefrontalcortex02

 

前頭前野は、脳の司令塔です。

未来の計画を立てたり、過去を評価するなど、知的な活動を行う「 認知脳 」しての役割を果たします。

意識してコントロールすることが可能です。

 

大脳辺縁系の役割

 
Lymbicsystem

 

大脳基底核 のまわりを囲うような形の大脳辺縁系には、

記憶センター海馬と、恐怖センサー扁桃体があり、

好き・嫌いといった感情に影響をします。

無意識の領域で、コントロールが難しいです。

 

 

  • 海馬 (かいば)
    記憶センター
     
  • 扁桃体(へんとうたい)
    恐怖センサー
     
  • 大脳基底核:学習・習慣
    大脳皮質・視床・脳幹を結びつけている神経核のあつまり
     
  • 間脳:視床・視床下部・下垂体
    自律神経の中枢

 

脳幹の役割

 
Brainstem

 

脳幹は、脊髄をつないでいます。

もっとも原始的な脳で、爬虫類のときからあると言われています。

鼓動体温調節睡眠など、生命維持に関わる活動を担う「 生存脳 」しての役割を果たし、

自分の意思でコントロールすることができません

 


 

脳の進化の過程

 

脳の3層構造のうち、

もっとも新しいのが脳の指令塔である「 前頭前野 」、そして、もっとも古いのが生存脳としての「脳幹」です。

 

脳の進化 001

 

3つの自立神経と脳の共通点

 

脳に進化の過程があるように、前回お話した3つの自律神経にも、進化の過程があります。

 

神経の進化

 

  • 腹側迷走神経
    愛やつながりの反応
    – コミュニケーション・思考をともなった反応
    ( 前頭前野の役割 )
     
  • 交感神経
    闘争か逃走の反応
    – 感情をともなった反応
    ( 大脳辺縁系の役割 )
     
  • 背側迷走神経
    シャットダウン反応
    – 呼吸の停止など生存に関わる反応
    ( 脳幹の役割 )

 

 このように脳と神経には、

その進化のプロセスや、特徴にたくさんの共通点をみられる点が面白いところです。

 

自立神経と脳の共通点

 


 

 

次回はさらに、この脳の3層構造3つの自律神経の共通点が、

ヨガ哲学3つのグナ・性質 」にも共通しているというお話をします。

 

迷走神経ワークショップ・2時間のご予約は

こちらです。

 

 

NAMASTE!!