イントラでなくてもトレーニングに参加できますか? はい、「 ヨガからのメッセージ 」を受け取りにきてください < 八支則・ヨガスートラ >

イントラでなくてもトレーニングに参加できますか? はい、「 ヨガからのメッセージ 」を受け取りにきてください <  八支則・ヨガスートラ >

 

こんにちは、都内でyogaのインストラクターをしているミカ( @mikamikayoga )です!

 

皆さんにヨガで、「 よい生活習慣 」をつけていただくために、Youtubeで「 朝ヨガライブ 」を配信しています。

 

本日の朝ヨガでは、「 トレーニング 」へのお問い合わせのご回答と、「 八支則のヤマ・ニヤマ 」についてお話をしました。

 

– – – – – – –  

 

本日の「 ヨガの教科書 」

 

  • トレーニングはイントラでなくても参加できますか?
  • トレーニングの4つのポイント
  • ヨガ的な考えかたを身につける
  • ニヤマ後半について (  八支則 ) 

 

( こちらの記事は、2018年7月2日の Youtube 朝ヨガライブ動画 の内容を記事にしたものです )

 

Youtube morning yoga live mikamika 0702

 


 

「 ヨガ 」を深めるトレーニング

 

ポーズ・シークエンス・ヨガ的な思考

 

トレーニングで学べること4つ

 

「 秋のヨガトレーニング 」まなびのポイントは、おもに4カテゴリーに分けることができます。

 

  1. シークエンスの知識
  2. ポーズのチェック
  3. ティーチングテクニック
  4. ヨガの考えかた

 

「 ヨガが仕事でない 」というかたの場合、特に2・4 を意識してをご参加ください。

 

ポーズが正しく取れていない場合は、細かくアドバイスをさせていただきます。

 

八支則 ( レベル1トレーニング ) 」「 ヨガスートラ ( 更新トレーニング ) 」についてまなび、ヨガ的な思考を身につけます。

 

「 ヨガに生きる 」

 

八支則 」の考えや 「 ヨガスートラ」に書かれていることというのは、

 

ヨガからのメッセージ」です。

 

ヨガからのメッセージ 」 を「 理解 」し、それを日々の生活のなかで「 実践」しようとすることで、

 

わたしたちは、「 ヨガをする 」から、「 ヨガに生きる」へと道を進めることができるのです。

 

 – – – – – – – – 

 

理解することで、気づくことがあり、気づくと、変えていくことができます。

 

「 ヨガが仕事・仕事でない 」ことや、「 年齢 」などは関係ないので、

ヨガが好きだからもっといろんなことを知りたい 」というかたには、

 

どなたでも、トレーニングへ来ていただきたいと思っております。

 


 

ぜったいまもらないといけない「 大誓戒 」

 

それぞれ5つずつあるヤマ・ニヤマ

 

8つあるヨガのステップ、1番目と2番目

 

本日の「 朝ヨガライブ 」では、8つあるヨガのステップ「 八支則 」の1番目2番目ヤマ・ニヤマ」について、お話をしました。

 

Yoga yama niyama

 

 – – – – – – – – 

 

「 ヨガの八支則 」というのは、
「 ヨガの練習とは8段階のステップに分かれている 」というアイディア・考えのことです。

 

1番目のステップが「 ヤマ してはいけない禁戒  」、2番目のステップが「 ニヤマ するべきこと勧戒 」です。

 

 「 ヨガの八支則 ( はっしそく ) 」については、これまでにも記事を書いてあります。

これまでの記事  )   

 

– – – – – – – – 

 

ヤマとニヤマには
それぞれに、5つずつ項目があり、

 

合わせて10の普遍的 ( 国や地域・時代によらない ) ルールで構成されます。

 

特に難解なニヤマの後半

 

ニヤマの後半は

 

  • 3. タパス ( 苦行くぎょう
  • 4. スヴァディヤーヤ (  読誦どくしょう )
  •  5. イーシュヴァラ・プラニダーナ ( 献身けんしん

 

 

の3つ。

 

普段わたしたちが行っている「 ポーズのヨガ 」のイメージ (  =  健康・エクササイズ・リラックス etc. ) とまったく違うため、

 

その理解が、特に難しいところです。

 

– – – – – – – –  

 

3. タパス

 

よい習慣 」を身につけ、「 感覚 」に振り回されないようにするためには、「 Discipline ディサプリン = しつけ = 苦行 」が必要です。

 

4. スヴァディヤーヤ

 

こちらは「 聖なる本 」を読む ( 研究する )  ことです。

 

聖なる本の研究は、「 賢者からの知恵 」を理解しようとすることです。

 

すべてを理解・実行できなくても、わたしたちの「 思考 = ココロ 」は、「 聖典 」から良い影響を受け「 正しくあろう 」とします。

 

5. イーシュヴァラ・プラニダーナ

 

献身 」は、わたしたち日本人に馴染みがありませんが、簡単に説明すると

 

なにが起きても、それを「 大きな流れ = 宇宙の決めたコト 」として、受け止めることです。

 

ここでのポイントは、「 態度を一貫すること 」です。

 

わたしたちは、良いことがあると、

さすが、自分!頑張った甲斐がある 」と自分をほめ

 

問題がおこると

どうしよう、ついてないなあ。なんで自分ばっかり。」と周り不満な気持ちを向けます。

 

– – – – – – – –  

 

そうではなく、「 イーシュヴァラ・プラニダーナ 」では、

 

良いことが起きれば、

この幸運をありがとうございます

問題が起こった時は、

そうか、いまここから学ぶべきときだ  」

 

と何事も、受け入れるこの姿勢のことを、「 献身 」と理解します。

 


 

まとめ

 

ヨガからのまなび一緒に

 

さて、「 トレーニング 」はテクニックだけではありません。

 

  • ご自身 」のために、ヨガのことをより深く学びましょう。
  • 「 ヤマ・ニヤマ 」といった道徳的な規範 ( ルール ) を礎 ( いしずえ ) に「 ヨガ的な生活 」が築かれる

 

 

 

NAMASTE!!

 


| GET SWEATY WITH A FLOW   |
おうちヨガで汗をかく!

  

 

Yama

 

Niyama