ヨガのインストラクターの仕事で「 もっとも必要 」なこと

ヨガのインストラクターの仕事で「 もっとも必要 」なこと

 

こんにちは、都内でyogaのインストラクターをしているミカ( @mikamikayoga )です!

突然ですが、みなさんはどんなヨガの先生が「 好き 」ですか?
また、もしヨガを仕事にされていたら、どんなヨガの先生になりたいですか?

  1. 笑顔が素敵
  2. 教え方がうまい
  3. キレイ・オシャレ
  4. 優しい
  5. カッコイイ
  6. 面白い 
  7. レッスンの内容が良い
  8. 元気をもらえる
  9. ヨガのお話をしてくれる
  10. 解剖学的なポーズ解説をしてくれる

さてさて、 一言で「 ヨガの講師 」といっても、
いろいろな先生像がありますね。

すべてを一気に完璧にするのは、どなたにとっても難しいでしょう。

いったい何を優先するべきか、インストラクターの仕事で、
1番大事なこと 」をお話します。

 

Wp pic instructor element 00

 


 

構成要素は3タイプ

 

上でざっとあげた、ヨガインストラクターを構成する10の要素

スキルコンテンツキャラクターの3カテゴリーに分類すると、
わかりやすいです。

 

Wp pic instructor element 01

 

笑顔や、オシャレ・カッコイイといった、雰囲気的なことは、その先生のもつ人柄や個性

教え方がうまかったり、ポーズを専門的に解説できることは、スキルです。

レッスンの内容 (  = シークエンス ) やヨガに関するお話というのは、
クラスの中身 = コンテンツです。

元気をもらえる 」だけ、別にしましたが、
こちらについては、最後に触れることにします。

 

優先すべきカテゴリーはどれ?

 

さて、3つのカテゴリーの中で、
「 良い先生 」に直結するのはどれでしょう。

それぞれで意見の分かれるところですが、
1つもっとも重要なのは、
「 生徒さんに満足してもらう  」ことです。

生徒さんを満足させることのできるインストラクターは、
結果、生徒さんに必要としてもらえる存在になります。

 

どういうとき、生徒さんは「 満足 」する?

 

どうしたら満足を得られるかは、それぞれの生徒さんが何を求めているかによります。

キレイな先生にヨガを教えてもらうことや、
外ヨガのような気持ちの良い空間でのヨガが満足感を高めてくれるかもしれません。

また、アーサナの理解や技術を高めたい人にとって、
解剖学的な知識の習得は、充実感につながるでしょう。

 

Wp pic instructor element 04

 

大部分の生徒さんは、健康のためにヨガをしている

 

上のような例もありますが、
一般的に1番多い生徒さんのタイプは、

「 カラダを動かして、健康でいたい。」というかたがたです。

大人というのは、普段、カラダを動かすことなく日々の大半の時間を過ごしています。

ヨガの時間は、参加されたかたに、
カラダを動かした達成感を味わっていただくことが、生徒さんのクラスへの満足度を上げることに直結します。

では、どんなクラスだと
生徒さんは、達成感を味わうことができるのでしょうか。
 

Wp pic instructor element 03

 

達成感のあるヨガシークエンス

 

  • 起承転結の流れ
    徐々に運動量が増え、最後は穏やかに終わるシークエンスは、美しいです。( 「 シークエンス組み立て 」)
     
  • クラス中盤はしっかりと動く
    座っている時間が長すぎたり、運動量が十分でないと、参加されたかたは、物足りなさを感じます。
     
  • ポーズ数が多い
    忙しい中参加したのに、紹介ポーズ数が少ないと、参加されたかたは、満足しません。
     
  • 動きにバリエーションがある
    動きが単調だと、生徒さんは飽きてしまいます。集中を深めるためにも動きや流れに工夫が必要です
     
  • 最後にリラックスができること
    ヨガの最後に行うシャバーサナまでに、背骨や筋肉の調整が行われ、神経が穏やかになるよう構成されています。

 

Wp pic instructor element 02

 


 

ヨガインストラクターの役割

 

ヨガインストラクターの仕事は、
クラスで出会う人たちを自分と同じくらい「 ヨガ好き 」になってもらうこと。

ご自分が、経験したヨガの良さ楽しさを、
みなさんのレッスンで生徒さんへも伝えてあげてください。

 

「 元 気 」を届ける

 

最後に、生徒さんが「 ヨガで元気になった! 」と感じるのは、どういう時でしょうか。

これは2つパターンがあって、

  • 先生のエネルギーが伝わったとき ( キャラクター )
  • カラダを十分に動かせたとき ( コンテンツ )

大事なのは、ヨガを伝える本人が元気で、 クラスの内容が良いこと。

当たり前のようですが、このあたりをいつも心に留めておきたいなと思っています。 

Om shanti peace 

 


 

まとめ

 

  • さまざまある「 ヨガ講師像
  • 構成要素はスキルコンテンツキャラクター3種類に分けることができる
  • 生徒さんに満足してもらうコトが何よりも重要
  • 満足の基準は、その生徒さんが求めているものよって違う
  • カラダの健康が一番の目的というかたが多い
  • 運動不足を解消するようなヨガクラスだと、達成感を味わうことができる
  • 充実した内容のシークエンスは、満足感・達成感を高める

 

 


| BASIC YOGA POSE FLOW 5min | 

簡単に覚えられるヨガシークエンス

 

 

 

 

 

 

N.Y Style シークエンスを覚える ▶︎ ニューヨークスタイルヨガ TRAINING

  スクリーンショット 2017 06 02 18 07 02