① 言葉の整理( ポーズ名あれこれ )

① 言葉の整理( ポーズ名あれこれ )

ヨガの道を8段階に分けて理解する
八支則( アシュタンガ )というコンセプト。

その八支則が書かれている本、
ヨガスートラについてお話していく前に、
基本中の基本、

ヨガ用語についてです。

 


3通りの言い方ができるヨガポーズ名


ヨガのレッスンに出ていると、
同じポーズでも先生によって、違った言い方をしていることに

気づくかもしれません。

ヨガのポーズ名は、

・日本語・英語・サンスクリット語と3つの言い方ができます。

( 例1 )
木のポーズ ( 立ち木のポーズ )
Tree Pose
Vrksasana ( ブルクシャーサナ )


 

( 例2 )
戦士のポーズ
Warrior Pose ( ウォーリアポーズ )
Virabhadrasana ( ヴィラヴァドラーサナ )

( 例3 )
半月のポーズ
Half Moon Pose ( ハーフムーンポーズ )
Ardha Chandrasana ( アルダチャンドラーサナ )

ベースとなるのは、サンスクリット語名です。

そちらもとに英語に翻訳、日本語に翻訳したポーズ名があり、
3通りの言い方ができるのです。

インドの古語、サンスクリット語

 
サンスクリット語というのは、
インドの古い言葉です。( 古代語 )
 
ポーズ名に限らず、
古代ヨガの文献は、
サンスクリット語で書かれています。
これから進めていく

ヨガスートラ 」もサンスクリット語で書かれています。
 
サンスクリット語について少し理解しておくと、
「 ヨガのレッスン 」にご参加されるときはもちろん、
「 ヨガ哲学 」に触れる時にも、
大きな手助けとなります。


 

サンスクリット語、基礎の基礎


ヨガのレッスンにご参加されているかたなら、
ダウンドッグをアドムカシュヴァーナーサナ
とも言うのだと、ご存知かもしれません。


ダウンドッグと言うのは、
・下を向いた犬のポーズ
・Downward Facing Dog ( ダウンワードフェイシングドッグ )
Adho Mukha Svanasana ( アドムカシュヴァナーサナ )
と言う3通りの方法で言うことができますが、

サンスクリット語を1語ずつ分解してみると
adho : 下の・下向き・下方向 / downward 
mukha : 顔 / face
svana : 犬 / dog 
asana : ポーズ / pose 
 
とこのように英語・日本語に訳すことができるのです。

近い例で、

ウルドゥヴァ( urdhva )と言う言葉は、
上向き / upward という意味。
・上を向いた犬のポーズ

・Upward Facing DogUrdhva Mukha Svanasana ( ウルドゥヴァムカシュヴァナーサナ )

となるわけです。
( ヨガのクラスに出ていない方には少しわかりにくいですね。)

ヨガのレッスンに出られるとき、

試しに、サンスクリット語名、英語、日本語
それぞれ聞き分けてみてください。
先生によって、使う言葉に特徴があると思います。

私は、10年以上前、ヨガに通い始めたころ、
このポーズはこの言い方とこの言い方があるんだ!
なんてこっそりと発見しては楽しんでいました。

 

現在、インストラクターとして
ニューヨークスタイルヨガのレッスン中にポーズ名を言う時は、

英語、もしくはサンスクリット語のことが多いです。
 
ポーズによって、相性の良い言葉があるので、
参加されるかたに伝わりやすいほうを選んでいます。
 
また聞きなれない言葉でも、
何回もクラスで行ううちに、
リピーターの生徒さんはそれを耳でも覚え
ポーズ名を聞けば、細かい説明を聞かずとも
体が動くようになる。
 
これは、ニューヨークスタイルヨガのクラスメッセージ
動く瞑想Moving Meditationのキーとなる部分でもあり、大変重要。
詳しくは、また別の機会にいたしましょう。
 
 

次回は、② 言葉の整理 ( 心・思考・自分 )です。