カリキュラム詳細 | イントラに必要なスキルはこの4つ!

カリキュラム詳細 | イントラに必要なスキルはこの4つ!

 

こんにちは、都内でyogaのインストラクターをしているミカ( @mikamikayoga )です!

「 秋のトレーニングカリキュラム 」のねらいは4つの目的に分けています。

  •  ティーチングスキル
  •  「 スタジオ運営 」のためのスキル
  •  将来的に役立つ「 ヨガの知識
  • 自分自身のヨガスキル

6日間で、このすべてをスキルアップさせます。
(  シークエンスを事前に覚えてきてください )  

 

Wp curriculum 00

 


 

6日間のトレーニングでなぜそんなにスキルアップが可能?

 

 実質2か月間のN.Y Styleトレーニング

 

秋のトレーニング 」は、6日間の短期集中トレーニングですが、
前半3日間と後半3日間の間には、1か月間の練習期間があります。

   + プラス

トレーニングがスタートするまでの期間 ( 平均1か月 ) も、シークエンスの暗記などで、みなさんにはトレーニング準備を進めていただいています。

「 教材動画 」を利用することで、みなさんにはだいたい2か月ほど、トレーニング内容にしっかりと取り組んでいただけるようにカリキュラムを組んでいます。

 

カリキュラム詳細

 

Wp curriculum 01

 

  • 前半:ティーチング・アドバンスポーズ
  • 後半:ヨガ哲学 ( 八支則など )  

 

覚えたことは「 時間 」をかけて定着させる

 

一気に覚えたことというのは、
使わなければ、一気に忘れてしまいます。

 ▽ そうならないように

前半・後半の間の1か月間は、
知識を定着させるための練習期間です。

 


 

4つの目的別カリキュラム

 

 「 ヨガのイントラ 」として長く仕事をしていく上で、必要となるスキルは、大きくこの4つです。

  • ティーチングスキル 
  • スタジオ集客のためのスキル
  • 役立つヨガの知識
  • ご自身のポーズ

Wp curriculum 02

 

「 スタジオ運営 」に役立つ知識を。

 

どうやったら、みなさんのスタジオへ生徒さんに通っていただけるか、
意識するべき点・ノウハウをお伝えします。

  • 効果的なアジャスト方法
  • 対象者別のポーズ = 来てくださったかたの「 ニーズ = 求めているポーズ 」をシークエンスに加える
    ( 例. 柔らかいかたの場合・硬いかたの場合・メンズの場合 など ) 
  • ヨガのお話ができること 

 

Wp curriculum 04

 


 

About 2018 TRAINING

 

▶︎ 2018年のトレーニングは、もし開催する場合、どこか遠方でリトリート形式の1回のみを考えています。( TOKYO開催は予定していません )  

 

 

NAMASTE 

 2017 / 09 / 18 Osaka Class
   お申し込み

 秋のティーチャーズトレーニング
   お申し込みフォーム

シークエンス教材セット
   詳細ページ

 


| HOW TO CONTROL OUR MIND |
ヨガのお話もできるようになる

 

 

 

トレーニング 」について問い合わせる
▶︎ CONTACT

大阪9月〜 / 東京 10月〜 スクリーンショット 2017 06 02 18 07 02