「 ホットヨガ リラックスクラス 」で満足を得る運動量 | トレーニングカリキュラム ② レベルの調整

「 ホットヨガ リラックスクラス 」で満足を得る運動量 | トレーニングカリキュラム ② レベルの調整

 

こんにちは、都内でyogaのインストラクターをしているミカ( @mikamikayoga )です!

本日は、トレーニング生からいただいた「 運動強度 」に関する内容にお答えします。

  • 動かないクラスは基本シークエンスにアレンジが必要?▷YES
  • ホットリラックスクラスの場合
  • クラスの前半 ほぐし・四つんばいを充実させる
  • 後半でかんたんな立ちポーズ

 

Level weaken 00

 


 

「 動かないクラス 」への応用

 

シークエンスにアレンジが必要?▷ “ その通りです ” 

 

Level weaken 01

 

KさんとYさんからいただいたリポートでお二人に共通していたのは、
動かないクラス 」の場合、シークエンスをどのように使っていったらよいかという部分です。

Kさんがおっしゃる通り、
その日の生徒さんが、あまりたくさん動くタイプのかたがたでない場合、
基本シークエンスアレンジを加える必要があります。 

 

ホットリラックスクラスへのシークエンスの応用方法

 

トレーニング生のYさんからは、立位がない「 ホットリラックスクラス 」の場合は?
というご質問をいただきました。

わたしも、「 ホットリラックスクラス 」ほぼ立たないクラスを担当したことがあるので、Yさんの状況はとてもよくわかります。

 

Level weaken 05

Level weaken 03Level weaken 06

 

前半を充実、後半にかんたんな立ちポーズ

 

ポイントはクラス前半の内容を充実させることです。

ホットスタジオ 」なので、前半に、上半身と下半身をしっかりとほぐしておくと、
それなりの汗が出て、みなさんは満足感を味わうことができます。

そのあと、後半は簡単な立ちポーズを2つか3つ、
 Warrior1, 2 / Triangle Pose, Twist Triangle Pose など

肩立ちや、おなかねじりなど、調整系のポーズ ( シークエンス教材 コンディショニング  ) を行います。

「 立ちポーズは完全になし 」でもよいのですが、
全身の血流の流れをうながすためにも、足で立つポーズを入れるようにしています。 

  


 

ブログを「 教科書 」がわりに。

 

事前にお互いの疑問点・悩みを知っておく

 

トレーニング生のみなさんとお会いできる日数は、6日間。

事前に、できるだけ多くの情報を共有しておくために、
みなさんからいただいているリポートご質問への解答を、
「 ヨガの教科書 」( ブログ ) からも発信しています。

どれも「 みんなが知っておくとよい 」ものばかりです。

 

 

トレーニングまであと少し、
とてもよいトレーニングになるよう、よろしくおねがいいたします! 

 

NAMASTE!!

 

 秋のティーチャーズトレーニング
   お申し込みフォーム

シークエンス教材セット
   詳細ページ

 


| Preparing for Yoga Class 5MIN | 

人気のホットほぐし動画です 

 

 

 

 

 

トレーニング 」について問い合わせる
▶︎ CONTACT

大阪9月〜 / 東京 10月〜 スクリーンショット 2017 06 02 18 07 02